社会福祉法人 東京家庭学校
児童養護施設 東京家庭学校
→ホーム  →アクセス・お問い合わせ →リンク


 家庭学校には年間を通じていくつかの行事を設けています。
 近年、子どもの個々の時間を大切にする意味で、施設全体での行事は縮小傾向にありました。
 しかし、最近になって新たな行事も増えてきています。季節ごとの行事を体験することや、職員と子どもが一緒になって楽しむことなど、
 行事のもつ良いところを活かしていければと思っています。

    10月 スポーツデー
体育の日に行われる家庭学校スポーツデー。
 「体育の日なんだから、スポーツしなくちゃ!!」ということで、
2年ほど前にスタートした新しい行事の一つです。
丸一日、色々なスポーツをして楽しみます。
     10月 バザー
 毎年10月の最後の日曜日に行われる家庭学校のバザー。
 上水保育園と合同で行うため、毎年大盛況です。

 売り場に立つのは、家庭学校の職員です。
 この日は一日、お店屋さんになったつもりで、大きな声で呼び込みをしたり、
 お客様と値段交渉をしてみたり・・・。
 売り上げは子ども達のために使われています。
 売り上げ以上に、地域の皆様方と交流ができる大事な機会になっています。
     11月 感謝祭(食事会)
 食育と自炊を進めるために作られた行事がこの食事会です。
 各寮舎で作った料理を持ち寄り、みんなで楽しく食べる会です。
 子ども達も楽しみながら料理を作り、そしておなかいっぱい食べています。
 
 完全自炊に切り替わった今年度からは、日々の食事に感謝をし、皆で食を楽しむ目的になりました。
     11月 七五三祝福式
 家庭学校では毎年七五三の祝福式を行っています。
いつもは元気いっぱいの子どもたちも、晴れ着を着ると別人のようにおしとやかに・・・

 主役の子どもたちの紹介の際には、生まれた時の体重や身長を伝えたり、
小さい頃のエピソードを話したりして、改めてその成長を皆で喜んでいます。
     11月23日 家庭学校創立記念日・留岡祭・ホームカミングデー
 11/23は家庭学校の創立記念日です。
 この日には中学3年生の子どもと担当職員、施設長で
留岡幸助先生のお墓参りに向かいます。

 午後は、ホームカミングデーを行っております。
家庭学校の卒業生たちが戻ってこられる場所を提供したいということで、
 H20年から始まりました。人数は10人前後ではありますが、
 懐かしい顔を見られる大事な時間です。
 今後、ホームカミングデーが定着していくことを期待しています。
     12月 クリスマス会
 12月にはクリスマス会が行われます。
 以前は第二部として、会食と子どもたちの出し物もありましたが、数年前より礼拝のみの会になっています。
 一人一人が灯すろうそくの明かりの中で讃美歌を歌うと、とても厳かな気持ちになります。

 毎年、男性職員による「三人の博士」を誰がやるのか、子どもたちは密かに楽しみにしているようです。
     1月 もちつき大会
毎年成人の日に行われる、もちつき大会。原郷土会の皆様にご協力を頂き、
 地域の皆様と共におもちをついて、食べる日です。

 大福、納豆、からみもち、いそべ・・・とおもちの種類も量もたくさん!!
 子どもたちは学校の友達も呼んで、おなかいっぱい食べています。
     2月 節分
 子どもたちが1年の中で最も恐れる節分の日。 子どもたちと鬼の本気の格闘が見物です。
 逃げまどってふすまを壊す子もいれば、鬼に連れて行かれる子もいます。

 「わかってるんだよー。中身は誰かって・・・でもこわいんだよぉ・・・」と言っていた子もいました。
 
 鬼がいなくなる頃には、逃げ疲れ、泣き疲れ、子どもたちはぐったりです・・・。
 
 各寮舎ホームを回り終える頃には、鬼もすっかりくたくたです・・・。
     3月 門出を祝う会
 3月、巣立ちの季節です。
 18歳で家庭学校を巣立つ子どもたちを送る会が3月に行われます。
 
 この日は、卒業生の子どもたちがこれまでお世話になった学校の先生や、児童相談所の先生方をお呼びして、卒業生の子どもたちが家庭学校に来てからの様子ををスライドで振り返りながら、その成長を思い、これからの子どもたちのさらなる成長を思う、そんな機会もあります。

 余談ですが、門出を祝う会は、家庭学校の校歌が歌われる唯一の機会でもあるのです!

→施設紹介TOPへ


ホーム  施設概要  施設紹介  事業計画  決算報告  募集  アクセス  ブログ  リンク

Copyright (c) 2010 Tokyo Katei Gakkou All Rights Reserved.